スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は医療保険に加入していません

先日

職場の野球チームの練習試合で足の靭帯損傷という

大怪我をしてしまいました。

幸い手術などは必要なく

大きなお休みをもらうことにはならなかったのですが

しばらくの間は松葉杖を使用しながら

お仕事をしていて

職場の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。

現在はかなり改善して

お仕事は元通りできておりますが

趣味のマラソンとなると

まだ難しい状態です

これは結構焦ってしまいますが

まあ仕方がないので完治までのんびりしようと思っています。


ところで私は民間の医療保険には加入しておりません。

理由は病気や怪我のリスクに対して

医療保険商品が割高に感じているからです。

実際に手術や長期間の治療が必要になる

大病や大怪我を煩ってしまった場合には

医療費がかかる上に休職期間が必要になるという

大変な事態となってしまいますが

それでもその事態に備えて貯蓄をするほうが合理的だと考えています。

もちろんその場合はコツコツ投資を切り崩すつもりだし

生活の質もさげるつもりです。

私のように民間の医療保険に入らないというのは

少し極端なのかもしれないですが

医療保険はなかなかに高い買い物ですので

ただただ職場で勧められたものに何となく加入している人は

一度契約内容、保証内容を確認されることをお勧めします。


それにしても健康であるということは

本当に大切なことです。

アントニオ猪木さんの

「元気があれば何でもできる」は

まさに名言だと思います。
スポンサーサイト

奨学金を全額返済することにしました

学生時代に貸与してお世話になった

日本学生支援機構の第二種奨学金(有利子の奨学金)を

全額返済することにしました。


金利は詳しいことは忘れてしまいましたが

0.8%前後だったような(笑)

金利が安いので、予定通り20年くらいかけて

返還する予定でしたが

車の購入など

予測できる大きな出費は済ませてしまったので

昨年からこちらもコツコツと繰り上げ返還を続けておりましたが

どうやら来月で返還完了ができそうです。


もちろん人生何が起こるかはわかりませんので

今後やっぱりお金が入り用になった場合は

奨学金とは比べ物にならないくらいの高金利で

お金を借りなくてはいけないかもしれないですが

まあ不測の事態ばかり気にしても仕方がないので

自分では良い選択だと思っております。


なんだか書面が難しかったので

どれくらい金利を減らせたかはわかってないですけどね(笑)


奨学金も立派な借金の一種

貸与することで今の自分の礎を作った

学生時代を充実させられたこと

そして社会人になって

その返還の義務をきちんと果たせたことで

なんだか満たされた気持ちです。


奨学金は紛れもなく借金の一種です。

ご利用は計画的にお願いします。

安愚楽牧場という牧場があったのですね

ニュースになっているのを見て

初めてその名、その存在を知りました。

安愚楽牧場、元社長ら3人逮捕=100人に虚偽説明、預託法違反容疑

このニュースを見てふと思いました。

自分が投資先を考えたときに

このような仕組みに投資してしまうだろうか?と



特定商品預託法違反(不実の告知)というのは

契約を結ぶ際に事実と異なる説明で顧客を勧誘したということらしいので

これは完全によろしくないですね


オーナーに送付していた事業報告書では

繁殖牛が9万~10万頭存在すると説明していたが、実際は約6万頭しかいなかった。


と記事に書かれています。


しかし仮に6万頭だと本当に申告されていたとしても

投資先には選んでいないと思います。


このような私には理解しがたい

投資先の話というのは

この世の中にゴマンとあるのかもしれません。

それで本当に資産を築いた人もゴマンといるのかもしれません。

損をしてしまった人もゴマンといるのかもしれません。


しかしそれでも投資とは

自分の資産をリスクにさらすという面がある以上

やはり自分の責任になります。


自分のとれるリスクを考えて

自己責任で投資先を選択し続けていきたいと思います。


もちろんこのブログは

私の投資のお話が書いてありますが

私の投資のやり方を勧めているわけではありません。


自分にあった

自分のやり方で

自己責任で投資を行うのがよろしいと思っております。

先進国債券ファンドを売却しました

結局いろいろ考えましたが

先進国債券はすべて売却し

アセットアロケーションから外してしまいました。

影響され過ぎですかね(笑)


さてさてとなると

改めてポートフォリオを組み直さねばならなくなったのですが

いろいろと考えてみて

以下のようにしました。

グラフ2

前と全然違います

これでいいのかわからないけど

ひとまずこれで続けてみることにします。


・ニッセイ日経225インデックスファンド
・SMT国内債券インデックス・オープン
・SMTグローバル株式インデックス・オープン
・SMT新興国株式インデックス・オープン

をコツコツ積み立てていきます。

積み立てだけなので

なにやら盛り上がるアベノミクスなどにも関係なく

ただ規則的に続けておりますが

期待をこめてなんだか楽しい投資生活です。

新興国株式インデックスファンドの信託報酬と信託財産留保額が

とっても高く感じます

資産額が積み重なり

安くなることを期待しております。

あれ?外国債券っていらないんですか?

毎月コツコツとインデックスファンドを積み立てております。

インデックスファンドよりもさらに信託報酬が低いETFでの運用にも

興味があり、下記の本を読んでいました。




ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)




超簡単 お金の運用術 (朝日新書)



どちらも非常にわかりやすい文章で

インデックス運用についてまとめられています。


しかし読んでいてびっくりの気になる点が2点ありました。

1点は、山崎元さんの積み立て投資でなくて、一括投資でもリスクは同じというお話
もう1点はがポートフォリオに外国債券は不要であるというお話でした。


一括投資でもリスクは同じというお話は

理論的にはそうなのかなぁと思っても
(本当はよくわかってません(汗))

僕自身が感覚的に受け入れられないので
今後も積み立てでコツコツと資産形成を計りたいと思っております。


外国債券が不要というのは
期待リターンが国内債券と同等で、リスクだけ高いので
ポートフォリオに組み込むべきではないというお話だったのですが

これは積み立て投資をはじめるきっかけになった
カン・チュンドさんの本

最新 資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則




で得た知識の
債券は株式の価格上下に対して、緩衝材としての役割を果たす
というものと異なるものだったので

「じゃあ一体、外国株式の緩衝はどうしたらいいのだ!?」

と読みながら困惑してしまいました。


もうすぐリバランスの時期で
ポートフォリオを調節する予定でしたが

その前に外国債券のインデックスファンドを
今後どうするか悩まなければなりません。


知識が脆弱な分
影響され過ぎなのでしょうか?
プロフィール

でぶいぬ

Author:でぶいぬ
30代 会社員 

積み立て投資信託をはじめてみました。
コツコツと続けていきたいと思います。
趣味は陸マイルを貯めて旅行(ANA,JAL両方)
マラソン、水泳、スノーボードです。

投資方針は
インデックスファンドの積み立てなので

ブログの内容は
日々の日記になりそうです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ためになるリンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログランキング
旅行
Twitter
英語学習参考サイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。